Pluginn
Firefox アドオン

Firefoxで利用しているアドオンを紹介しています。調査や作業の手助けとなる機能拡張がメインです。

Status : Enabled
Webサイトのプロファイラツールでサイトが使用しているテクノロジを返してくれます。例えばWordPressのサイトではCMSがWordPressとしてバージョンも表示されます。ソースや読み込むファイルをチェックすればいいのですが、このアドオンを利用すればソースを見なくてもいいのと知らないテクノロジーを発見することができます。

Status : Enabled
Webサイト上で任意の場所をクリックしてxPathを取得します。スクレイピングなどの設定をするときに使います。

Status : Enabled
Copy URLを使用していたがアドオンアップデートの際にFormatLinkに変更。ページのURLを保存することが多いので「参照:{{title}} {{url}}」のように指定してます。デフォルトでMarkdownの場合も設定されているので基本そのまま使えますが、文書フォーマットに合わせて調整できるのが魅力です。

Status : Enabled
毎回ログインが手間だなと思いながらもこれがなくては、こんなにショートカットが必要なのか?と思うほどあらゆることが用意されている。とにかく簡易版の記事でのClipができなくなることは想像したくない。ここでのブックマークがブラウザに反映されたら最高なのだが。

Status : Enabled
Web Accessibilityの評価ツール。ページにアイコンが挿入されWebページのアクセシビリティ評価が容易にできるようになります。全てをクリアするのは難しいがアクセシビリティを重視しているサイトはこのツールで簡単に評価しておきたい。