Pluginn
Google Chrome 拡張機能

Google Chromeで利用している拡張機能を紹介します。

Status : Enabled
SEOプラグインインデックス状況やバックリンク、ページ情報やリンク/Page Speedなど様々な要素が確認できる。さらにツールへのリンクもあり重宝している。

Status : Enabled
閲覧しているページのデータをスクレイピングできる。例えばGoogleの検索結果ページのようなフォーマットの場合に都合がいい。クリップボードにコピーするかGoogle SpreadSheetsに書き出せるのも魅力。xPathの理解が必要

Status : Enabled
Firefoxのアドオンと同じプラグインをONにしてページ上の任意の場所をクリックするとxPathが表示される。取得したxPathからXPath Helperを使って繰り返し要素を確認したりする。

Status : Enabled
XPathがわかる場合はサクッと反映されるのでわかりやすい。ページ上を選択して確認したい場合は、xPath Finderを

Status : Enabled
ソフトウェアではなくプラグインでここまでできるのは非常にありがたい。スクレイピングに必要な機能は備わっていてPaginationも設定可能。そのままデータ処理はできないがCSVでのエクスポートができる。ある程度固定フォーマットで定期巡回に利用してます。

Status : Enabled
機能拡張の有効化/無効化をメニューから設定できます。機能拡張では「シークレットモードでの実行を許可sる」のON/OFF設定だけしておいて、あとはSimpleExtManagerのメニューで有効化/無効化します。グループを作成して一括での設定も可能